アドレス交換を申し出るタイミング

セフレ探しを利用して、実際に初めてのデートをするというタイミングまでサイトを通じてずっとメールのやりとりをするということはほとんどないと思われます。
もちろん、完全無料サイトであれば、そういうことも考えられなくはないですが、しかしメールを送るたびに毎度毎度サイトを訪問してログインして・・・というのはさすがにいささか面倒です。
そこで、サイトを通じて知り合った女性とは、できるだけ早いタイミングでメールアドレスを交換することが望まれます。
しかし実際のところ、メールアドレスの交換のタイミングというのは考えられている以上に難しい部分もあるのです。
交換を申し出ても、相手の女性は「まだ、もう少し待ってほしかったのに・・・」という思いから、妙な警戒心を抱いてしまうこともありますし、逆に、あまりにもタイミングが遅すぎると、今度は別の男性と先にメールアドレスを交換してしまい、
その先のことまでどんどん話が進んでしまうことになります。
これでは仕掛けのタイミングが遅すぎてしまい、結果的に泣くに泣けないということにもなりかねません。
このあたりの難しさをどうクリアするかということが、出会い系サイトを利用する上での最初の難関であり、また、出会い系サイトを攻略する上でのとても大きなターニングポイントになることも間違いありません。
とにかく大事なことは、タイミングを間違わないことです。
そのためには、感覚を鋭敏にして、「ここ!」というタイミングで相手の女性にアドレスの交換を申し出ることが肝心です。

曖昧な表現は避ける

ご存じの通り、セフレ探しでは『文字』を中心としたコミュニケーションが主流です。
早い段階からテレビ電話・ライブチャットで交流する男女もいますが、そこに至る過程にも、やはり文字でのコミュニケーションは必須です。
またプロフィールページほか、異性へのアプローチも『文字』が必要です。
自分はどういう人物なのか・どういった関係を希望するのか、伝えることが出来なければ交流は始まりません。
ここで注意したいのが、文字による『曖昧な表現』です。
例えば、こんな表現・・・『明るい性格だと言われます!』・・・プロフィールページでよく見かける表現なので、一見すると問題はないように思えます。
しかし、この表現には中身がありません。
なぜ明るいといわれるのか、そこを伝えなければ意味がないのです。
『会話が好きで、場を盛り上げることが得意です!そのせいか、お前は明るい奴だなってよく言われますw』『何事にもテンションが高い、騒がしくも面白い、明るい奴です!』などなど、考えればいくらでも説明が浮かぶはずです。
『何が・どうして・そうなのか』はっきりと伝える癖をつけましょう。
プロフィールページほか、文字とその表現によるインパクトは、そのまま貴方の印象に繋がります。
インパクトを与えることが出来れば、それだけ交流の可能性はUPするのです。
逆に、インパクトが弱い表現だと印象に残すことが出来ず、埋もれてしまいます。
すでに出会い系サイトを利用している人は、自分のプロフィールページを見直してみましょう。
改善点が見つかるかもしれません。